エッセイ

NEW
武田綾乃「おはようおかえり 京は猫日和」 第4回「思い出の京の味」
 子供の頃、バタービールを飲んでみたかった。バタービールとは「ハリー・ポッター」に登場する飲み物で、映画の中ではハーマイオニーが口元に泡でひげを作っていた。ビールジョッキに並々とつがれた温かそうな謎の
NEW
辻堂ゆめ『十の輪をくぐる』
祖父の日記と、祖母の方言  2016年9月、母方の祖父が亡くなった。80歳だった。  幸か不幸か──いや、きっと幸いなことなのだろう。私は23歳になるまで、身近な人の死に接したことがなかった。小さい頃
スピリチュアル探偵
 昔から「一寸の虫にも五分の魂」と言われます。確かに、犬や猫など生活を共にするペットたちは明らかに感情を持っていますし、彼らにも魂が宿っていると考えるのは、むしろ自然なことでしょう。  そこで僕が目を
ハクマン48
今この原稿を、担当の催促メールを受けてから書いている。 多分、読者もこの書き出しに飽きていると思うが、俺だって書き飽きているし何より担当も催促し飽きていると思う。 しかし、漫画というのは担当が「催促し
風野さん アイキャッチ画像
 あの名作があることは、もちろん当人も重々承知のうえでして、周囲からも言われましたよ、「坂本龍馬? いまさら書くことあるの?」と。しかも、その背後に「お前ごときちんぴら作家が?」と言いたい気持ちをあり
《自著を語る》谷川俊太郎『音楽の肖像』
 谷川俊太郎という名前を知っている人はいると思うが、堀内誠一という名前を見て彼の描いた画やデザインした文字を思い浮かべる人は、今やそうたくさんはいないだろう。私より一年と五日年下のくせに(同じ射手座)
真梨幸子『聖女か悪女』
さあ、今こそデトックスしましょう  気がつけば、作家生活十五年を迎えました。  そんな記念すべき年に『聖女か悪女』を上梓することになったのは、大袈裟に言えば「運命」のようなものを感じます。  というの
相場英雄『アンダークラス』
現実を直視せよ 『震える牛』の田川警部補シリーズは本作『アンダークラス』で3作目となる。同シリーズは、非常に手間と時間がかかる。着想から取材、そして執筆。書き上げた作品を鬼担当にゴリゴリと直され、半泣
ハクマン第47回
最近またツイッターの企業アカウントの炎上が増えている気がする。 企業アカウントとはその名の通り企業が自社の宣伝のために持っている公式アカウントのことである。商品は品質も大事だが宣伝も大事である。どれだ
思い出の味 ◈ 南 杏子
第36回  英国人のソウルフード、フィッシュ&チップスは、私にとっても思い出深い食べ物だ。夫の留学に同行し、英国で長女を産んだ。慣れない英語でドクターやナースとのコミュニケーションに汗をかきつつ、夫と
武田綾乃「おはようおかえり 京は猫日和」 第4回「思い出の京の味」
 偽電気ブランをご存じだろうか。森見登美彦さんの小説『夜は短し歩けよ乙女』に登場する架空の酒である。私はそもそも電気ブランを知らなかったので、初めて小説を読んだ時には偽のつかない電気ブランも架空の飲み
河治和香『ニッポンチ! 国芳一門明治浮世絵草紙』
江戸っ子とは馬鹿の代名詞なり  ……と、川口松太郎は書き残している。この言い回しが大好きだ。江戸っ子というと、粋だいなせだというけれど、江戸っ子の神髄はこの〈大まじめな馬鹿馬鹿しさ〉にあるのではないか
乙武洋匡『ヒゲとナプキン』
「誰かの物語」から「私の物語」へ  これまでも小説は手がけてきた。車椅子に乗った小学校教師の挑戦を描いた『だいじょうぶ3組』と、続編にあたる『ありがとう3組』、そして車椅子に乗った脳性麻痺の青年が歌舞
今、世間は鬼滅の刃の映画とおばさんの復権希望おじさんの話で持ちきりである。ちなみに私の言う「世間」というのはツイッターの事であり、世間一般の遥か下流に位置する集落の話なのでご注意いただきたい。 後者は
◇自著を語る◇ 中澤日菜子『働く女子に明日は来る!』
 約三か月間にわたって放送される連続テレビドラマ。本作品は、そんなテレビドラマが出来上がるまでの奮闘ぶりを、制作会社のアシスタントプロデューサーである三十一歳の女性の目線で追った小説である。  主人公
秋吉理香子『眠れる美女』
男性にもおすすめのバレエ・ミステリーです!  バレエを習ったことも観たこともなかった私がなぜバレエミステリーを書くことになったのかというと、担当者さまの「バレエを舞台としたミステリー小説はほとんど
私は漫画家を目指すことを親に止められた口である。 何故もっと本気で止めてくれなかったのか。おそらく「暴力」や「投薬」を使わなかったのが敗因だろう。 しかし、今お子さんがユーチューバーやゲーム実況者など
スピリチュアル探偵 第14回
 本物の霊能者を探し求めて幾星霜。この連載のおかげもあり、僕のもとには日々、友人知人や仕事仲間など様々なルートから有力情報が飛び込んできます。  ただ、メディアによく取り上げられているような高名な先生