海外ミステリ

採れたて本!【海外ミステリ#17】
「東京創元社創立70周年記念企画」として、同社は「ベスト1ミステリ・セレクシ…
採れたて本!【海外ミステリ】
 張國立『炒飯狙撃手』(ハーパーBOOKS)は、台湾発の謀略スリラーである。…
採れたて本!【海外ミステリ#15】
 ハヤカワ・ポケット・ミステリは二〇二三年に創刊七十周年を迎えた。昨年九月か…
採れたて本!【海外ミステリ#14】
 その経緯と内容から、もはや伝説と言っていいような実録犯罪本がある。ミシェル…
採れたて本!【海外ミステリ#13】
 子供の絵には独特の魅力がある。興味関心に合わせて誇張された表現や、定石を無…
採れたて本!【海外ミステリ#12】
 やっぱりフランスミステリって変だ。かつて殊能将之は〝「フランス人は本格ミス…
採れたて本!【海外ミステリ】
 頑張るにせよ頑張らないにせよ、高校生の頃は「大学受験」が大きなトピックだっ…
採れたて本!【海外ミステリ】
 作家には自虐ネタが得意な層が一定数存在する。売れていようが売れていまいが関…
採れたて本!【海外ミステリ】
 ミステリ好きには、「夢の本」というものが存在する。幻の作家の知られざる作品…
採れたて本!【海外ミステリ】
 名探偵に憧れるのと同じくらい、人は悪に魅了される。正義の活躍が映えるのは、…
採れたて本!【海外ミステリ】
 人には誰しも秘密があり、人は誰しも嘘をつく。法廷ミステリーが今も昔も読者の…
採れたて本!【海外ミステリ】
 どっしりと構えて、関係者一人一人の話を聞き、謎の霧の中に分け入っていく。そ…
採れたて本!特別企画◇BEST BOOK OF THE YEAR 2022
 新たな年に期待がふくらむ、この季節。振り返ると、2022年も素晴らしい文芸…
採れたて本!【海外ミステリ】
 本で読む、一話完結の警察もの連ドラ。本書『九段下駅 或いはナインス・ステッ…
採れたて本!【海外ミステリ】
 きみの言葉で聞かせてほしい。ゆっくりで構わないから。謎、推理、冒険。その全…
採れたて本!【海外ミステリ】
 シャーロック・ホームズ。かの名探偵に憧れを捧げた作品は数多い。しかし、それ…
採れたて本!【海外ミステリ】
 これは一介のノワール読みからの忠告だが、「最後の仕事」なんて言葉を信頼して…
採れたて本!【海外ミステリ】
 お前と、お前の愛する者全てを殺す。殺人鬼の冷徹な脅迫から幕を開けるロバート…