坂岡真

秘剣を遣う元隠密廻り、ふたたび旅に出る!

 深くからんだ故あって、廻国旅に出ていた元隠密廻り同心の伊坂八郎兵衛は、今では日本橋の路地裏に並ぶ陰間茶屋の一軒に居候している。 奉行所勤めの頃には「南町の虎」と恐れられ、遊行中には「百人斬り」と噂された剣の腕前を買われて、厄介事を起こす酔客を追い払うべく、用心棒を引きうけているのだ。 今日も、年端もいかぬ子を小脇に抱えた侍が刀を抜いて、取籠っているとの報せがあった。 急ぎ駆けつけて、侍の話を聞いてみれば、古河藩土井家八万石の勘定方・向井誠三郎と名乗るではないか。 なんでも、出世のために家財道具一切を質に入れ賄賂を贈り、さらには家中随一の美人と評された妹・琴乃までをも人身御供に差しだしたらしい。 だが、昇進の約束を反故にされたうえに、逃げ出した妹を成敗して来いと、無法無体な命を下されてしまう。 しかも下したのは妹の夫・楡木兵庫。 養子の兵庫は酒乱で、責めに耐え兼ねた先妻が首を縊って死んだという……。 苦境に立たされた兄妹を救うため、八郎兵衛は上州に建つ満徳寺へ向かうも、日光街道を迂回する。 なにか策があるのか? 一気読み、徹夜必至の剣豪放浪小説、最終巻! シリーズ大重版!!

か弱き女のために振るう剣は立身流の秘剣!

 か弱き女を助け、救いようのない悪党を斬って捨てる諸国放浪の旅から、三年ぶりに江戸へと戻ってきた元隠密廻り同心の伊坂八郎兵衛は、干鰯問屋・蝦夷屋利平の警固を請け負った。 事情を訊けば、「蔵を荒らして火を付ける。家人はみなごろしにする」と残忍極まりない百足小僧の一味から狙われているという。 用心棒稼業で糊口を凌いでいたある日、八郎兵衛は偶然、元上役で吟味方与力・田所采女の屋敷前で許嫁だった京香の姿を目にする。 どうにも胸がすっきりせぬうち、雪降る闇夜に紛れて、首魁の陣五郎が蝦夷屋に押し込んできた。 八郎兵衛は見事、立身流の秘剣豪撃で陣五郎を葬り、役目を果たしたのだが、雇い主の利平が行方不明に——。 しかも、かつて煮え湯を飲まされた田所の罠に嵌まり、夜鷹殺しの罪を着せられ、捕縛されてしまう。 拷問蔵で今にも責め殺される直前、思いも寄らぬ人物に救い出された八郎兵衛は、驚愕の事実を耳にする。 なんと、一刀両断したはずの陣五郎が生きているというのだ。 「南町の虎」と盗賊に恐れられ、奉行所の者には煙たがられた八郎兵衛が、巨悪を葬るため、奥州路を北へ向かう。 大反響の剣豪放浪小説、シリーズ第四弾!

巨悪を挫き、鬼畜を片づける一騎当千の剣!

 諸国遊行に生きる、元南町奉行所の隠密廻り同心・伊坂八郎兵衛は、半年ほど厄介になった名主・京屋忠右衛門とともに、越後出雲崎代官所へ足を踏み入れた。忠右衛門が世話を焼く新任代官の榊原兵庫が、重罪人を一刻も早く佐渡送りにしろとうるさいので、八郎兵衛に手伝ってほしいと頭を下げたのだ。なんでも、懸念の重罪人は、代官所に射られた矢文によれば、日本一の盗賊・霞の丑松という。公儀が捕縛に執念を燃やしているだけに、扱いひとつ誤れば己の首が飛ぶ——怖気づいた榊原は、まずは丑松本人かどうか、悪人どもから「南町の虎」と恐れられた八郎兵衛の目で確かめてくれと、金まで出す始末。渋々拷問蔵へと向かった八郎兵衛は、丑松らしき男を目にした途端、直感が働いた。腹に一物を抱えて数日。出雲崎を離れ、小千谷の木賃宿で足を止めた八郎兵衛に、泣きぼくろのある女が近づく。嘘か真か、女は丑松の情婦・おきくと名乗り、丑松殺しを引き受けてくれと妖しげに微笑んだ。首に賞金が懸けられながらも、次々に襲いかかる刺客たちを返り討ちにする八郎兵衛。だが、中山道板橋で思いも寄らぬ〈七曲がりの罠〉が仕掛けられていた!? 大反響の剣豪放浪小説、シリーズ第三弾!

悪党無頼どもを滅多斬る、無双無比の剛剣!

 南町奉行所が飼っていた「南町の虎」こと、元隠密廻り同心の伊坂八郎兵衛。とある由縁があって、許嫁を置いたまま、江戸を出奔。諸国流浪の最中、京で一夜限りの情を交わした廓の女を追って、北国街道を下っていた。許嫁と瓜二つの端女郎・葛葉が忘れられなかったのだ。  宿場宿場で半端者を撫で斬り、金の亡者を一刀両断しつつ、さらに下って、ついに行き着いた金沢で、色気が匂い立つ武家の妻女から、思いも寄らぬ依頼を受けた。なんと、「主人の利き腕を折ってほしい」と頭を下げるのだ。  冨田流小太刀の達人である主人・上川兵馬が御前試合を目前に控えているが、絶対に勝たせるわけにはいかないらしい。さすがに見ず知らずの者の腕を折るのは忍びなく、右肘を捻じ曲げて、骨を外してくれたのはいいものの、帰りの道中で闇討ちに。胸に矢を受け、死に損ないとなりながら、八郎兵衛が事情を嗅ぎ回ってみれば、上川の妻はすでに亡くなっているという。しかも、御前試合を巡って、莫大な金が動いていた。加賀藩の用人部屋を牛耳る組頭の悪巧みを知った八郎兵衛は……。極悪人を真っ二つに斬り捨てる立身流の剛剣が、今日も北国街道で唸りを上げる!

最強無敵の秘剣、強欲亡者どもを叩っ斬る!

 時は天保八年、処は京——。とある由縁で、江戸を出奔、許しを請う旅に出ていた南町奉行所の元隠密廻り同心・伊坂八郎兵衛は、命尽きかけていた。江戸の町で暴れる悪党を震え上がらせた「南町の虎」も、さすがに空きっ腹のうえ、吹きすさぶ如月の風雪には耐えられず、ついに朽ちかけた寺で草鞋を脱いだ。寒々とした伽藍に通され、冷たい粗菜を食わせてもらった八郎兵衛だったが、胡散臭い住職に恩を盾にされ、金箔がほどこされた観音菩薩を奪い返す役を請け負う羽目になってしまう。どうやら昨晩、一条戻橋あたりを隠れ家にしている曲者どもに盗まれたらしい。やむなく前金一両を受け取り、行くか行かぬか迷うまま島原の廓へ繰り出し、小見世の暖簾を潜った八郎兵衛は息をのんだ。なんと、屏風の隙間から現れた端女郎の葛葉は、別れも告げずに捨ててきた許嫁と瓜二つだったのだ。一夜の情を交わした葛葉を後に、身なりにそぐわぬ銘刀「堀川国広」を帯に差した八郎兵衛は、下っ端たちを苦もなく京の闇に葬り、首魁を追って芹生峠へと向かったが……。立身流の秘剣が、中山道でゴロツキを撫で斬り、北国街道でチンピラを一刀両断する! 剣豪放浪小説、シリーズ第一弾。

小学館文庫シリーズ