小学館文庫

世にも奇妙な王様夫妻、突如誘拐される!?

  毒蟲と蠱毒をこよなく愛する変わり者の「蟲愛づる姫君」こと李玲琳。彼女と魁国の国王・楊鍠牙との結婚生活は、八年を経て双子の王子と王女にも恵まれ、意外にも現在進行形で順調かつ円満だ。 ある日のこと。魁の王宮に故郷・斎帝国から使者がやって来た。飛国と同盟を結ぶために会談の場をもうけるが、そこへ玲琳も同席して欲しいというのだ。飛は斎にも劣らぬ由緒と広大な領地をもつ大国で、第一王子の榮覇はかつて、すでに人妻だった玲琳に熱烈にアプローチを仕掛けてきた因縁深い人物。斎の女帝にして最愛の姉である彩蘭の頼みということもあり、玲琳は会談の立ち会い役を二つ返事で引き受けるが、事前調査のつもりで榮覇のもとへ送った蠱は、何者かによって無残にも引き裂かれてしまう。ことここに至って異変を察した玲琳は、同盟締結劇の裏に不穏な動きがあると知りながら、夫の鍠牙とともに旅立つ。が、その道途で一行は謎の蠱師率いる一団に襲われてしまう。どうやら彼らは飛国側の人間で、今回の同盟に反対する勢力のようなのだが……。 

寵妃、新喜劇に挑戦!? 中華後宮転生譚!

  凰朔国に転生して後宮に入り、正一品の徳妃となった蓮華。皇帝・天明を巻き込みながら、前世の知識と経験をフルに活かして後宮内で商売を始め、たこ焼き(ただし凰朔国に蛸はいない)の美味しさや、野球のおもしろさを広めつつ、明るく元気にたくましく動きまわっている。 だが一方で、この世界の強烈な身分差別や階級社会を目の当たりにして、見えない壁を感じてもいる蓮華。ゆくゆくはこの国を変えて、皆が笑顔でいられるようにしたい……。いつしか、蓮華はそんな願いも抱くようになっていた。 本日から七日間にわたって開催される建国祭での商売を成功させようと、妃としての役目も後回しにして忙しく働いていた蓮華は、後宮の門前で、玉玲と呼ばれる美しい女性が、大貴族である遼博宇に罵られている場面に遭遇する。困っている人を放っておけない蓮華は、つい助けに入ってしまうが、玉玲は目を伏せるばかりだった。 そして、玉玲の話を聞いた皇帝・天明は、彼女には関わるなと蓮華に告げる。玉玲はかつての事件が原因で、天明の敵となる立場の人物だったらしいが――。 大阪魂を持つ後宮妃、今度は新喜劇に挑戦!? 転生×中華後宮物語、波乱の第三弾!

町工場VS.ものづくりの神様

 天才エンジニア「青春の軌道」――町工場VS.ものづくりの神様。不屈の挑戦が胸を打つ人生讃歌! ふりかかる幾多の困難や倒産の危機。佃航平率いる下町の中小企業・佃製作所は、仕事への熱い情熱と優れた技術力を武器に、それらを乗り越えてきた。しかし、佃製作所の前にかつてない壁が立ちはだかる。 同社技術力の象徴ともいえる大型ロケットエンジン部品の発注元、帝国重工の思わぬ業績不振。さらに佃の右腕にして、信頼を置く番頭・殿村に訪れた転機――。 絶体絶命のピンチに、追い詰められた佃が打開策として打ち出したのは、新規事業であった。新たな難問、天才技術者の登場、蘇る過去と裏切り。果たして佃製作所は創設以来の危機を克服することができるのか。 若き技術者たちの不屈の闘志と矜恃が胸をうつ、大人気シリーズ第三弾! 社運を賭した戦いが、いま始まる。

人とわかりあうことは、こんなにも難しい。

 税金を滞納する「お客様」に支払いを促すことを仕事とする県税事務所の納税担当に、同期が休職したことで急遽異動させられてきた若手職員の中沢環。彼女は空気の読めないアルバイト・須藤深雪を始めとする周囲の人間関係に気を遣いながら、かつての出世コースに戻るべく細心の注意を払って働いている――(第1章「キキララは二十歳まで」)週に一度の娘との電話を心の支えに、毎日の業務や人間関係を適当に乗り切るベテランパートの田邊陽子。要領の悪い新米アルバイトや娘と同世代の若い正規職員たちのことも、一歩引いて冷めた目で見ていたはずだったが――(第3章「きみはだれかのどうでもいい人」) 業界中から絶賛の声、殺到!ブクログ第1位、啓文堂書店大賞第2位、「ダ・ヴィンチ」の「今月の絶対にはずさない!プラチナ本」にも輝いた超話題作がついに文庫化。同じ職場に勤める、年齢も立場も異なる女性たち。見ている景色は同じようで、まったく違っている――。職場で傷ついたことのある人、人を傷つけてしまったことのある人、節操のない社会で働くすべての人へ。迫真の新感覚同僚小説!解説は、単行本時から絶賛の言葉を寄せてくださっていた島本理生さんです。

NEW
わが名はオズヌ
著/今野敏発売日:2021-09-07

その少年に、名を知られてはいけない――。

 その少年に、名を知られてはいけない――。荒廃した神奈川県立南浜高校を廃校にしてニュータウンを建設する計画が浮上した。千年の時空を超えて甦った修験道の開祖役小角の呪術力を操る謎の高校生・賀茂晶。彼は学園を守るために、元暴走族リーダーで今は後鬼として小角に従う同級生・赤岩猛雄、ナイスバディーな美人担任教師・水越陽子たちとともに、建設推進派の自由民政党代議士・真鍋不二人と大手ゼネコン久保井建設社長の策謀に立ち向かっていく。一方、警視庁から賀茂についての調査要請を受けた神奈川県警生活安全部少年一課の高尾勇と丸木正太は、巨悪に挑む賀茂たちの熱意に次第に心を動かされていくのだが……!?エンターテインメント小説界を牽引する今野敏が放つ、伝奇アクション巨編の傑作!!

無職の彼氏からのプロポーズ、どうする!?

 豊加と付き合い始めて3ヶ月が経ち、元彼の理空也と同棲していたマンションから引っ越しをしたあすみ。いざ新生活と思いきや、新居に洗濯機が入らずコインランドリー通いが始まった。そんな折、アメリカの大手銀行であるトライフォックスバンクが倒産し、悪性のインフルエンザも流行り始めて、世界経済は急激に悪化。「七つ丸鉄鋼」の正社員採用の話が白紙になった豊加は、会社を辞めて無職になってしまう。洗濯機を買うため、あすみは副業として「ムーバ-フード」の配達員を始める。しかし、目標達成のめどがついてきた矢先に、派遣の契約更新で時給を下げられショックを受ける。そして、先行きの不安な中、あすみは豊加からプロポーズを受けるが……!?アラサー女子の節約サバイバル小説、波乱含みの第2弾!

NEW
羊の頭
著/アンドレアス・フェーア訳/酒寄新一発売日:2021-09-07

ドイツ推理作家協会賞新人賞受賞作、第2弾

 その日、ミースバッハ刑事警察の上級巡査クロイトナーは、リーダーシュタイン山の頂上を目指していた。全欧警察技能コンテストに向けてのトレーニングの一環だった。やっとの思いで頂上に着くと、小さな礼拝堂のそばになぜか大きなビール樽が立ててあった。運んできたのは顔見知りの小悪人スタニスラウス・クメーダーだった。挨拶もそこそこに、クロイトナーは突然気分が悪くなり、頂上を囲む手すりから身を乗り出して嘔吐する。だが、顔を上げて振り向くと、クメーダーの姿が消え、頭部が吹き飛んだ胴体がその場所に横たわっていた。2年前、クメーダーの恋人が失踪した。クメーダーが殺される前、クロイトナーはその失踪中の恋人の行方を弁護士のファルキングが知っていると聞かされていた。クメーダーの恋人が失踪した頃、弁護士のファルキングは、20万ユーロに及ぶ大金を義父から借りていた。ファルキングは仕事上の損失を補填するため、インサイダー取引の危険な賭けに出るつもりだった。ネレ・ノイハウスと並び称されるドイツ・ミステリのビッグ・ネームが本書の著者アンドレアス・フェーアである。2010年ドイツ推理作家協会賞(フリードリヒ・グラウザー賞)新人賞を受賞した『咆哮』(小学館文庫)に続く、ドイツで大人気の傑作警察小説〈ヴァルナー&クロイトナー〉シリーズの第2弾をお届けする。

NEW
テムズ川の娘
著/ダイアン・セッターフィールド訳/高橋尚子発売日:2021-09-07

英ベストセラー作家が贈る歴史幻想ミステリ

  19世紀、ヴィクトリア期のイギリス。ある冬至の夜、テムズ川沿いのちいさな村ラドコットにある酒場兼宿屋〈白鳥亭(ザ・スワン)〉では常連客たちがいつものように酒と物語に興じていた。すると突然ドアが開け放たれ、顔に重傷を負い、女の子の人形を抱えた大男が現れる。人形に見えていたのは、実は少女の死体だということが判明するが、少女はその日のうちに息を吹き返す。この奇跡が近隣の村にまで広まると、少女は自分の家族だと主張する3つの家族が現れる。少女は誰なのか? どこから来たのか? あの晩、少女に何が起きたのか? 謎が明らかになるにつれ、それぞれの家族の抱える秘密が複雑に絡み合いーー。 世界的ベストセラー『十三番目の物語』の著者が贈る、タイムズ紙ベストセラーリスト1位、世界20カ国以上で刊行の歴史幻想ミステリ!

NEW
ムショぼけ
著/沖田臥竜発売日:2021-09-07

「なぜ泣くのだ」狂っているのは俺か世界か

 大阪刑務所の門の前に、40過ぎの男がひとり立っていた。陣内宗介、元ヤクザ。14年ぶりのシャバだ。ジギリ(組のために身体を張ること)で銃を握って長期服役したのに、5000万円の見返りどころか、組を破門になった。妻も子供も離れていった。絵に描いたような、社会のおちこぼれだ。陣内は還暦すぎたオカンと2人暮らしを始め、カタギになった元若頭の内装屋で仕事を始める。ユーチューバーになって調子こいている元舎弟を呼び出してドヤしつけると、元舎弟にメッセージが届いた。「その人、私の父かもしれません」。メッセージの送り主は、14年会っていなかった娘だった――長期服役によって「拘禁症」(いわゆるムショぼけ)に悩まされる男が、ヤクザとカタギと家族と仲間と一緒になって、怒って、ヘコんで、笑って、泣いて、まっすぐに、兵庫・尼崎の夏を駆け抜ける。狂っているのは、俺なのか、世界なのか。

「作家」の肩書きに憧れる作家が直木賞受賞

 「自分のペンネームがほかの作家の名前と一緒に並んでる、それだけで晴れがましい気持ちになるとか、言っても信じないだろうけど、それは嘘じゃなくて、なぜそういう気持ちになるのか、なぜ自分がそこまでうぶなのか、または、初々しさを保っていられるのか、どっちにしてもいい年こいて、と考えてみると、たぶん『作家』という肩書きに対する憧れがいまも僕にあるせいだと思う。いくつになっても、いまだに若いときの、作家志望だった時期の、憧れ気分が抜けていない」(本書より)2021年夏公開の映画『鳩の撃退法』の原作者であり、小説名人の佐藤正午さんがメールでインタビューに応じる「書くインタビュー」シリーズ第4弾。*いくつかの収録トピックスから*▼第157回直木賞の選考会当日、作家がメールで語ったのは?▼『月の満ち欠け』直木賞受賞の吉報に作家が抱いた「実感」は?▼引きこもりがちの作家が名だたる文士たちと居酒屋で遭遇!?▼編集者もお手上げの「なりすましメール」合戦勃発!▼作家・盛田隆二さんをゲストに迎え、濃密な小説談義に発展!「書くインタビュー」だからこそ明かされる胸の内が満載。直木賞作家・佐藤正午さんの名回答に唸る、2年間の往復メール集。

NEW
海をゆくイタリア
著/内田洋子発売日:2021-09-07

イタリア半島を帆船で巡った宝物のような旅

 「かつて古代の戦闘船が、貿易船が、漁船が、旅客船が周遊したように、新緑のすばらしい季節に風に吹かれてイタリア半島を巡る旅に出てみようではありませんか」縁あって美しい木造帆船《ラ・チチャ》号の共同船主になった著者が描く、宝物のような航海日誌。サンレモ、ポルトフィーノ、カプリ、パレルモ、タオルミーナ、ヴェネツィア……イタリア半島を海から巡った初夏から秋にかけての140日間を、旧友らとの親交、食、歴史、自然などのエピソードを交えて豊かに綴る。「舳先が切る波は、金粉を撒き散らすように輝きながら船の両側に跳ねている。そのきらめきのひとつひとつが無数の命の証なのだ」「船は、現在と過去の波間を揺れている。現実に近づきながら、それは実は異次元への旅の始まりでもある」「獲れたてのカジキマグロの稚魚を三枚に下ろし、生のまま塩とオリーブオイル、少々のレモンで和えたウイキョウと小ぶりのトマトのざく切りを合わせて食べた。目の前に広がるのは、海」(本文より)。こんな時代だからこそ海風を浴びる旅に出たくなる一冊。解説は法政大学特任教授の陣内秀信さん。

宇宙から大地へ。大人気シリーズ第4弾!

  宇宙(そら)から大地へ――。 大型ロケット打ち上げの現場を離れた帝国重工の財前道生は、準天頂衛星「ヤタガラス」を利用した壮大な事業計画を立案。折しも新技術を獲得した佃製作所とタッグを組むが、思いがけないライバルが現れる。 帝国重工社内での熾烈な権力争い、かつて袂を分かったエンジニアたちの相剋。二転三転するプロジェクトに翻弄されながらも、技術力を信じ、仲間を信じて闘う佃航平と社員たち。信じる者の裏切り、一方で手を差し伸べてくれる者の温かさに胸打たれる開発のストーリーは怒濤のクライマックスへ。 大人気シリーズ第4弾! この技術が日本の農業を変える――。

ベストセラーシリーズ、待望の第三弾!

 ブラック企業を早々に退職し、亡き父が暮らしていた千葉の南房総で暮らしはじめて三年目を迎えた文哉は、別荘と空き家管理の会社を起業。自給自足的な生活をしはじめ、陸稲の収穫を待つばかりだったのだが……。巨大な台風が上陸し、自宅だけでなく管理する別荘を破壊していった。文哉は、地域の復旧作業をしながら、農業の師である幸吉と対話するようになる。そして、新たな決意が芽生えていく。18万部突破! ベストセラーシリーズ、待望の第三弾!!

小学館文庫シリーズ