大島一洋

泣けて、笑えて、役に立つ。介護実録の名作

 「頑固な父と、私のこともわからない認知症の母の世話をするのは、息子の私一人では無理だと思えました。それでも、やらなくてはならない。無理だなどと引いている暇はなかったのです。父とは何度も喧嘩をしましたが、私は東京へ逃げませんでした。」(本文より) 第一章(2006年〜08年)母を看取る/第二章(2009年〜13年)父を看取る 単行本では、老人ホームに入所した父が満100歳になる2013年2月までが描かれている。 その後、父は2015年3月に天寿を全うした。101歳と6か月だった。 本文庫では、2013年〜2015年までを書き足し、完全版として刊行する。 単行本刊行時には各紙誌で反響を呼んだ。以下にその一部を紹介する。 嵐山光三郎——「この介護実録はまるでアクション映画だ」 斎藤美奈子——「淡々と書かれた介護日記にはお金の出入りなども細かく記され、参考になるところ大。エッセイとしても実用性の点からもオススメ!」 中野翠——「実践的なマニュアル本としても十分役立つ本。その上ユーモラスで愛らしい」 北上次郎——「この著者は若き日の不倫を隠さず、虚飾をまとわず、裸で現実に立ち向かう」

小学館文庫シリーズ