橋口いくよ

 「8歳の夏僕は最低な約束をした。だって知らなかったんだ……好きになっちゃいけないって。無駄だって。僕の人生にはタイムリミットがある」 8歳の頃、とある病院で出会った種田繭(たねだまゆ)と垣野内逞(かきのうちたくま)。淡い恋心を抱く2人は偶然、心臓の病気で逞が20歳まで生きられないことを知ってしまう。失意の中、守れない約束だとわかりながら、結婚の誓いをする2人。しかし、成長をかさね、逞は、次第に繭と距離をおくようになる……。 惹(ひ)かれあいながらも、抗(あらが)えない運命に悩み苦しむ2人の“初恋”の行方は——。累計600万部の大ヒット同名コミックを完全ノベライズ化!

小学館文庫シリーズ