ボローニャの吐息

イタリアの人の美意識を描く傑作随筆集!

 イタリア在住の人気エッセイスト・内田洋子が描く、イタリアの人々の美意識をテーマにした最新随筆集。 ミラノ、ボローニャ、カプリ島、ヴェネツィア、プーリアの山村の日常生活の中に見つけた音や色、味覚、 匂い、手触りを通して、イタリアの<美しいということ>の源を探る。 雨に沈むヴェネツィアで思い出すピアニストの人生『雨に連れられて』、美術館から盗み出された 名画の数奇な運命を辿る『それでも赦す』ほか珠玉の15編。

小学館文庫シリーズ