感染列島〔小学館文庫〕

 弱毒性豚インフルエンザが初めてフェーズ4を突破したあと、世界は強毒性H5N1型鳥インフルエンザの本格的な流行に脅えていた。そんな時期、人気作家の神崎慧一は恋人を棄ててまで新作の取材に没頭する。小説のテーマは致命的な新型ウイルスによる世界大感染=パンデミック! ところが海外から帰国直後に、慧一自身が猛スピードで死に陥る感染症状を発症した。彼とウイルスの接点は、意外にもノルウェーが生んだ世界的画家エドヴァルド・ムンクの名画『叫び』。そして人類を救うために戦う医療チームは、生物の概念を超えた恐るべきウイルスの姿を捉えた!

 救命救急医・松岡剛のもとに現れた一人の急患。症状は新型インフルエンザに思われたが、何かが違っている——。折しも東京都いずみ野市の養鶏場では鶏が大量死する鳥インフルエンザが発生。市民がウイルス・パニックに陥る一方、剛の勤める市立病院では院内感染が拡がっていた。事態の調査と感染拡大を防ぐため、WHOのメディカルオフィサーで剛のかつての恋人である小林栄子が派遣されるが、ワクチン無効の未知なるウイルスの感染爆発〈パンデミック〉は加速し、未曾有の危機が日本中を震撼させる。衝撃のパニック・エンターテインメント映画を小説化!

小学館文庫シリーズ