昭和のテレビ王

テレビ黄金時代の立役者たちが語る熱い証言

 「私の生きる道は“テレビ”だと思った」 〜森光子 若者らのテレビ離れが進んでいるといわれる今、テレビという媒体に必要なもの、ネット時代が忘れている大切なこととは?  永六輔、長嶋茂雄、萩本欽一、藤田まこと、橋田壽賀子、小林亜星ら、テレビ黄金時代の立役者が、あの昭和の熱い日々について語ります。 雑誌「テレビサライ」の連載インタビュー記事をまとめた単行本『あの日、夢の箱を開けた!』(2003年、小社刊)を再編集、文庫化するものです。 巻末に、久米宏へのインタビューを特別収録。

小学館文庫シリーズ