ロミー・ハウスマン

汚れなき子
著/ロミー・ハウスマン訳/長田紫乃発売日:2021-06-07

米アマゾン2760レビューの超ヒット作!

 真夜中、ひと組の母娘が救急車で病院に搬送された。母親は自動車事故に遭い、重傷を負っていた。母親といっしょにいた少女は幸い無傷だった。母親が救命処置を受けている間、少女は看護師に身元を聞かれるが、少女は母親の名前がレナであること以外は何も明かさない。看護師が電話番号をたずねると少女は言った。「うちには電話ないの」「じゃあ、住所だけでも? 住んでる通りの名前、わからない? 誰かを向かわせて、パパを連れてくることができるかも」そう看護師が言うと、少女はゆっくりと首を振って囁いた。「私たち、見つかっちゃいけないんだよ」その後、少女が語ったのは、事故の夜、少女の母親がうっかり父親を殺そうとしたこと。小さな弟がひとり今も〈小屋〉に取り残されていること。そして〈小屋〉での奇妙な暮らしぶりだった――。物語はこの少女の視点の他に、事故に遭った母親の視点と、もうひとり、行方不明の娘を探す父親の視点の三つで描かれていくのだが、やがて少女と母親の語りから、二人がともにどこか異様なことに読む者は気づき始める。この作品に捜査機関は登場するが、彼らはあくまでも脇役である。やがて結末近くになってようやく事件の全貌が見えるのだが‥‥。デビュー作にして見事なページターナー!2020年、ドイツ推理作家協会賞(正称:フリードリヒ・グラウザー賞)最終候補作!ドイツ・アマゾンのレビュー1690超、★平均4.5!米国アマゾンのレビュー2760超(2020年10月発売、半年累計)、★平均4.5!今後ドイツのスリラー界を担う最右翼新人作家の作品を、満を持して紹介する。

小学館文庫シリーズ