井川香四郎

加藤清正が仕掛けた熊本城最大の謎に挑む!

 「諸国の城を見聞してまいるのだ!」江戸城の天守を再建すると言い出した八代将軍・徳川吉宗の鶴の一声で突然、御城奉行に任じられた旗本の一色駿之介。許嫁・結実との祝言を挙げる暇もなく、中間の金作を供として、涙ながらに肥後熊本へ出立する羽目に……。着いたら着いたで、公儀隠密に間違われるわ、人さらいに巻き込まれるわ、ついには藩主・細川家の御家騒動にまで足を突っ込むことになるわで……。『城下町事件記者』で活躍する遊軍新聞記者・一色駿作のご先祖様が難事件の謎を叩っ斬る!奉行から読むか、記者から読むか?「城下町・一色家シリーズ」の江戸時代版!

人間国宝の怪死。真相を知るのは文楽人形。

 人間国宝が殺された!被害者は『人形の豊国』当主・百舌目寿郎、熊本に住む文楽人形師だ。凶器は名刀〈ニッカリ青江〉による刺殺という。家族や弟子たちによる相続争いなのか?毎朝新報社熊本支局に着任したばかりの遊軍新聞記者・一色駿作は動揺する。まさかついさっき熊本城で偶然出会った老人が殺されるとは――。早速取材を開始すると、容疑者として東京の刀剣店『咲花堂』の女性店主・上条綸子が浮かんできたが……。『城下町奉行日記』で活躍する名門旗本・一色駿之介の血を引く子孫が怪事件の謎を解く!奉行から読むか、記者から読むか?「城下町・一色家シリーズ」の現代版!

小学館文庫シリーズ