刑事特捜隊 伊達政鷹

駆け込んできたクレーマーは暴力団員!?

 他部署の警察官からは「県警お客さま相談室」と揶揄される、神奈川県警刑事特捜隊第四班。 所属の小笠原亜澄巡査長に相談を持ち込んで来たのは、「平塚中央署の捜査が一向に捗らない」と訴える長束と名乗る優男。 話を聞けば、コスプレ衣装が盗まれたので、湘南ひらつか七夕まつりの織姫コンテストに間に合うよう、取り戻してほしいと言う。 出場する勤め先の社長令嬢に着せないと、首が危ないらしいのだ。 期限は二週間ほどしかないが、解決できるのか? 伝説のコスプレ・メーカーが作った衣装の行方は? 元捜査一課のエース刑事・伊達政鷹とコンビを組んで、捜査を開始する亜澄。 胸によぎる不安が現実となり、思いも寄らぬ事件までもが起こってしまい……。 「あっちの特四」とも吐き捨てられる、刑事特別捜査隊第四班の、一癖も二癖もある刑事5人が難事件に挑む!

小学館文庫シリーズ