私立探偵 左文字進 兇悪な街(小学館文庫)

 ロスアンゼルス生まれの私立探偵・左文字進と愛妻・史子が次々おきる不可解殺人に挑む、シリーズ最新作の文庫化。“夜のしじまに今宵もながれる殺しの着メロ”——携帯電話による遠隔操作で爆殺をくりかえす姿無き殺人者によって妻・史子も窮地に陥る。かつてない難敵に、さしもの左文字も逡巡するが、ハイテク完全犯罪の隙をつく、タフな推理が甦る。

小学館文庫シリーズ