横山剣

CKB横山剣初の書き下ろし自叙伝が文庫化

 「東洋一のサウンドマシーン」クレージー・ケンバンドの横山剣が初めて書き下ろした自叙伝が遂に文庫化!横浜に生まれ、本牧・横須賀・青山・原宿・ソウル・L.A.ソウル・パリ・ロンドン…と街の磁場と妖気の中で生きてきた半生を書き尽くす。  「頭の中に勝手にメロディが鳴り始めたのは、小学校低学年の頃。譜面の読み書きができないので、テープレコーダーにアカペラで録音した。具体的にどういう影響で作曲ができるようになったのかはよくわからないが、とにかく脳内に鳴ってたんだ」(HONMOKU GANGSTA)。   「コースアウトしたくてコースアウトするレーサーなどいないように、おれだってドロップアウトしたくてドロップアウトしたわけじゃないんだよ。気づいたら、不良と呼ばれていただけだ」(小児科病棟の窓)。  激高、哀愁、バイク、車に男と女。夢に希望にとめどなく溢れる涙……。熱く哀しく力強い人生がここにある。500ページ超にわたって横山剣が書き尽くした疾風怒濤の1冊。

小学館文庫シリーズ