えんま様の忙しい49日間

歌舞伎町の閻魔大王が事件解決!

 地獄の秘書である小野篁とともに、新宿・歌舞伎町で休暇延長中の閻魔大王。人間の青年『大央炎真』となって、今度こそのんびり現世ライフを満喫したいと願っているが、近頃は人間に紛れて暮らす妖怪からの相談事も増え、トラブル解決のために忙しく駆け回ってばかり。  そんな中、またしても炎真のもとに不思議な事件の相談が持ち込まれる。連絡をしてきたのは、以前、炎真が幽霊絡みの騒動で手伝った新宿区役所の職員・鈴木。鈴木によると、中央公園の一角に幽霊が出没するという噂があるらしい。炎真は鈴木たちとともに事情を探りはじめるが…。  公園に現われるワケあり幽霊の話、奇妙な依頼を受けた愛煙家のエピソード、恐ろしい因縁に縛られた母娘の長き日々、特別な目を持つ青年の出会い、家に入り込んできた知らない“祖父”の怪異——など、不思議に彩られた全五話を収録。  人間も妖怪も幽霊も暮らす魔都新宿を舞台に、今回も地獄の面々が大活躍! 迷える魂を救う炎真の物語、最新作登場です。

閻魔大王、歌舞伎町を駆ける!

 49日間の休日を終え地獄へ帰ったものの、トラブル発生により、またしても現世にやってきた地獄の大王閻魔さま。再び人間の『大央炎真』となって、地獄の秘書・小野篁とともに新たな49日間の休暇を過ごすことに。  今回、地蔵菩薩に用意してもらった住処は、閑静な住宅街が広がる吉祥寺ではなく、大勢の人で賑わう新宿・歌舞伎町にあるビルの一室。少々騒がしいが、デパ地下も近い。現世のスイーツが大好きな炎真は、延長になった休暇中、美味しい菓子を思う存分堪能するつもりだ。  昼夜問わずの人混みにもやっと慣れてきた数日後。ビルの二階で古美術商をやっている胡洞という男が、美しい振り袖を手に炎真たちの部屋をおとずれる。その振り袖には霊が憑いていて、持ち主の女性たちがつぎつぎと殺人者になる「呪いの振り袖」だというのだ。胡洞が持参したタルトにつられ、炎真は振り袖を調べることになるが…!?  人間に紛れて妖怪も暮らす魔都・新宿は、霊の心も惑わせる!? さらに厄介な事件に巻き込まれることになった炎真が、迷える魂を地獄へ送るために歌舞伎町を駆けまわる! 「えんま様」新シリーズ、待望のスタート!!

吉祥寺に住む閻魔大王、迷える魂を救う!?

 休日を過ごすために現世にやってきた地獄の大王閻魔さま。人間の姿になって大央炎真と名乗り、地蔵菩薩が管理する吉祥寺のアパートで、秘書の小野篁とともに暮らしはじめる。だが、さ迷う死者を見つければ成仏できるように導いたり、悪い心に囚われた生者に会えば思わず成敗してみたり。地蔵菩薩にもこき使われて、ちっとも癒されない毎日だ。  そんなある日、地獄で記録係を務める司録と司命に請われて井の頭公園に遊びにきた炎真は、現世に来てから知り合った少年に『幽霊のような黒い犬』を見たと教えられる。さらに炎真は新聞で、遺体に噛み傷がある殺人事件の記事を見つけるが……。  超がつくほどの犬好きで世話焼きな小野篁、しょっちゅう現世にやってきては炎真におねだりをする記録係のお子様ズ・司録と司命、スイーツをエサに炎真を振り回すイケズな地蔵菩薩。個性的な周囲の面々も揃って、にぎやかに繰り広げられる地獄行き事件解決録、第三弾登場! 思い出の味を再現できずに嘆く漫画家の話、奇妙な屋敷に入り込んでしまった図書館の読み聞かせ係の一夜など、四つの物語を収録。残り少ない休暇だけれど、炎真は今日も大忙し!?

吉祥寺に住む閻魔様が現世の事件を解決!

 吉祥寺の古アパートに住む青年・大央炎真の正体は、地獄の大王閻魔様。久しぶりの休暇を現世でのんびり過ごそうと、地獄から百年ぶりの現代日本にやってきた炎真だが、アパートの大家でもある腹黒な地蔵菩薩が差し出す美味しそうなスイーツに釣られて、はぐれ霊を彼岸に送ったり、罪を犯す生者を懲らしめたり……と、つい真面目に労働しては後悔する毎日だ。  ある日、焼き鳥をつまみながら散りかけた桜の見物でもしようと井の頭公園にやってきた炎真は、赤ん坊を抱えた着物姿の美女と出会う。公園の池に祀られている弁財天だと名乗る彼女は、「池の主が天に昇るのを助けてほしい」と炎真に頼み込むが……。  池の主と赤子をめぐる不思議な一夜、結婚をひかえた姉が見る悪夢の結末、悪徳ブリーダーに立ち向かう少年の奮闘など、痛快&感動の五話を収録。  「地獄でまた会おう」と言いながら悪を裁き、死者に安らぎを与える炎真と、イケメンホスト風な地獄の秘書官・小野篁、記録係のお子ちゃま・司録&司命ら、賑やかな仲間が大活躍。地獄行き事件解決録、第二弾です!

地獄でまた会おう

 古いアパートに引っ越してきた青年・炎真の正体は、休暇を過ごすため百年ぶりで現世へやってきた地獄の大王閻魔様。  地獄で働き詰めの炎真の願いは、ひらすらだらだら過ごす癒やしの休日。ところが、ふらふらとさまよう幽霊を街角で見かければ説教してあの世に送ってみたり、目の前で起きている犯罪を見逃せず生者の面倒まで見てしまったり。そのたび「また働いてしまった!」と、秘書の小野篁に向かって嘆きながら、後悔ばかりしている。  おまけに、現世で不動産業を営む地蔵菩薩からも霊がらみの案件を任されて、「面倒くさいことこの上ねえ!」と憤慨する炎真。駅の自動改札機に冷や汗をかき、人混みに目を回し、コンビニスイーツに舌鼓を打ちながら、トラブル解消のために百年ぶりの現代日本を駆け回ることに……!  世話焼きな同居人の秘書・小野篁、記録係のお子さまズ・司録&司命も加わって、現世に閻魔様の裁きが下される!? にぎやかに繰り広げられる、地獄行き事件解決録!

小学館文庫シリーズ