小説 MAJOR 1 横浜編

累計25万部ヒットの大人気シリーズ、待望の第四弾!

 難関の入部テストをくぐり抜け、みごと名門海堂高校野球部へ入部した吾郎と寿也。  二軍、一軍へとはい上がるため意気込む吾郎たち。  しかし彼らを待ち受けていたのは“夢島”と呼ばれる養成所での想像を絶する猛特訓だった。    そんななか、吾郎は持ち前の気力と体力で、ハードなトレーニングを次々にクリアするが、そのたぐいまれな才能ゆえに、教官の乾から目をつけられ、執拗な嫌がらせを受けるはめになる。  入部早々前途多難の海堂高校野球部で、吾郎は無事レギュラーを勝ち取ることができるのか——!?

好評につき待望の第三巻発売!

 吾郎が4年ぶりに、福岡から横浜に戻ってきた——!! 横浜に帰ってきた吾郎は、三船東中に転入し、昔の仲間である小森たちと再会する。 吾郎に出会い、野球のすばらしさを知った小森は中学でも野球を続け、キャプテンになっていた。しかし、山根率いる不良部員からのいやがらせにより多くの仲間が退部し、野球部はいまや廃部寸前の状態になっていた。野球部をたてなおそうと、小森は吾郎に野球部入部をすすめるが、なぜか吾郎はサッカー部に。福岡にいるあいだ、吾郎にいったい何が起こったのか——。 累計20万部ヒットの大人気シリーズ、待望の第3弾!

 「オレ、ここで投げなかったらきっと後悔する!」強豪横浜リトルとの激闘で見事勝利をおさめた三船ドルフィンズ。だが、エースで4番の吾郎はチームメイトに何も告げず福岡へ転校してしまう……。さっそく名門博多南リトルに入団した吾郎だが、なぜかエースの古賀だけが吾郎の入団を歓迎していなかった——。果たしてその理由は? なぜ、吾郎はサウスポーになったのか? 今はじめて明かされる友情の物語!

 「ちょっとだけ……ほんのちょっとの間だけ……さよなら、おとうさん」  母親だけでなく、プロ野球選手だった父までも亡くした九歳の吾郎は、父と同じ道を歩むべく、リトルリーグに入団した。チームメイトとともに歩んだ三船リトル時代から、名門横浜リトル時代までをあますことなく描いた、劇場版「MAJOR 友情の一球(ウイニングショット)」のプレストーリー!

小学館文庫シリーズ