猫に嫁入り ~黄泉路横丁の縁結び~

猫又の夫が幽世で行方不明に!?

  奇妙な結婚相談所の紹介で、猫又・燐の花嫁になった弥琴。現世と幽世、二つの世界を隔てる門の管理番である燐との夫婦生活は、ごく普通の会社員だった弥琴にとっては不思議の連続だったが、祝言から半年が過ぎ、そんな生活にもようやく慣れてきた。 そんな頃、あやかしの街・黄泉路横丁にある燐の屋敷に、一人の女子高生がやってくる。伊千瑠というその少女をひと目見るなり、かつての主人である千鶴の名前をつぶやいた燐。千鶴の子孫だという伊千瑠は、幽世のどこかにいるらしい、千鶴の恋人だった鬼を捜すために、幽世に行きたいと燐に同行を求める。さらに伊千瑠は、「燐はわたしのもの」と弥琴に宣言した。 一度は拒否するものの、結局、燐は伊千瑠とともに幽世へ行くことを決意。自分よりも伊千瑠を選ぶのだろうかと衝撃を受ける弥琴は、不安のあまり、つい燐を困らせる言葉を口にしてしまう…。 幽世に向かった燐を想う弥琴。弥琴との“今"のために旅立った燐。離ればなれになった二人に、危険が迫る――!? あやかしと人の縁が重なる物語、第三弾!

千年を生きる猫又の仮花嫁になりました。

 上司のパワハラとブラックな会社の空気に耐えながら、憂鬱な毎日を送っている弥琴。もう限界…と思いつつの帰宅途中、気づくと弥琴は見知らぬ街に迷い込んでいた。深夜にもかかわらず営業している結婚相談所を見つけた弥琴は、今の状況を変えようと婚活を決意。相談員の狐塚から勧められるまま、「ウチ一番の優良物件」だと紹介された燐という青年とお見合いをすることに。  ようやくとれた休日。直接先方を訪ねてください、と狐塚に指示された弥琴は、渡された地図をもとに燐の家へと向かう。だが、目的地は建物の隙間にのびる狭い路地の先にあるらしい。訝しみながらも先へ進むと、その奥には不思議な雰囲気の古い街並みの通りが開けていた。  通りの突き当たりにある大豪邸が燐の家だと気づいて気後れするものの、意を決し、門の向こうに声をかける弥琴。そして出迎えてくれた着物姿の美形青年・燐を見て、弥琴は内心ひどく動揺する。目が離せないのだ……燐の猫耳と尻尾から!  お見合い相手は、齢千年を超える猫又!? この街と燐の事情を聞いた弥琴は、お互いの目的のために“仮の結婚”をすることになるが——。

小学館文庫シリーズ