竹光侍

竹光侍 四
著/永福一成発売日:2011-05-10

松本大洋の人気コミック原作、ついに完結!

 自らがおこした牢獄での小火騒ぎをきっかけに脱獄した木久地は、瀬能宗一郎暗殺を命じながら自分を売った水内藩の武士たちに復讐をはじめた。 木久地の動きにいち早く反応した、江戸の守護者を標榜する御輿大三郎であったが、あえなく討ち死にしてしまう。 友の死に、覚悟を決めた宗一郎は、木久地との私闘に決着をつけるべく、木久地の居場所を聞きに水内藩の隠れ家に出向くのだが、そこを木久地に急襲される。三度相まみえる宗一郎と木久地。 息をもつかせぬ攻防、その決着やいかに。 そして、小藩・水内の行く末や、いかに。 「こんな娯楽をやりたくて原作をお願いした」と松本大洋が語る、人気コミック原作書き下ろし時代小説、ついに完結!!

竹光侍 三
著/永福一成発売日:2011-02-04

二匹の剣鬼は、いかにして生まれたのか。

 竹光差しの浪人・瀬能宗一郎を執拗につけ狙う刺客請負人・木久地は、50人もの捕り方に包囲され、小伝馬町の牢屋敷に入れられた。  平穏を取り戻した宗一郎は、お勝に習字を教えたり、御輿大三郎と刀剣談義に華を咲かせていた。しかし、宗一郎出生の謎である御家騒動は、着実に宗一郎を包囲しつつあった。  一方、木久地は入牢と同時に獄中の罪人たちを掌握。自身の死罪を免れるために、木久地が放った驚愕の一手とは?  三度、宗一郎と木久地は対峙するのか!?  風雲急をつげる竹光侍シリーズ中、もっとも人情味に溢れた松本大洋の人気コミック原作小説第三弾!

竹光侍 二
著/永福一成発売日:2010-10-06

竹光侍とは、何者なのか?

 神田界隈で、辻斬り事件が横行していた。 下手人と目されたのは、かたぎ長屋に住む浪人・瀬能宗一郎だった。 嫌疑を晴らすため、長屋の大家で元岡っ引きの与左衛門、そして旗本の御輿大三郎らと結託して、宗一郎は一計を案じる。 その一方、一巻の「狂剣」で対峙した凶剣士・木久地真之介が、執拗に宗一郎を追ってくる。果たして、その理由とは。 竹光差しの浪人・瀬能宗一郎。その出生の秘密に迫る松本大洋の人気コミック原作小説、堂々の第二弾刊行。

竹光侍 一
著/永福一成発売日:2010-05-07

その男の本性、狂気か。

 江戸のかたぎ長屋にやってきた浪人・瀬能宗一郎。ある日、彼のもとに侍の集団が押しかけてきた。道場破りをされた恨みをはらすべく果たし合いを申し込んできたのだ。宗一郎は、彼らを抜刀することなく撃退してしまう。その際に、隣の家に住む大工の息子・勘吉は、宗一郎が腰に差している刀が、竹べらに銀箔を捲いた竹光であることを知ってしまう。 勘吉は、この怪しい浪人の秘密を探ろうとつけ回すのだが、宗一郎にはいつも尾行がばれてしまい、次第に二人は仲良くなっていく。 一方、辻斬り事件が相次ぎ、宗一郎に疑いがかけられる中、宗一郎をつけ狙う凶悪な剣士があらわれた。 瀬能宗一郎とは何者か。なぜ竹光なのか。その本性は、凶器か狂気か。 侍とはいえ、刀を抜くことすらなくなった平和な時代。それでも剣に憑かれた男たち。彼らの行く手に待ち受けるのは、闇か光か。 「こんな娯楽をやりたくて原作をお願いした」ーー漫画表現の最先端を走る松本大洋初の時代劇『竹光侍』。その原作者による書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾。

小学館文庫シリーズ