絶対、最強の恋のうた〔小学館文庫〕

 恋はスタンプカードのようなものだ、と私は思う。キスをして、好きだと思って、何かをわかり合って、やさしい気持ちになって——。そんなことがある度に、私たちはスタンプを押す。いつまで続くのかな? 密やかな気分で私は思う。このカードはいつか、かけがえのない何かと交換できる。そんな日がきっとくる。その日まで、私たちは小さな声で歌うのだ。最強の恋のうたを歌うのだ——。累計18万部突破のロングセラー「100回泣くこと」に続く、初恋青春小説の誕生。

小学館文庫シリーズ