池田理代子

マンガで読む。巨匠で読む「竹取物語」

 誰もがストーリーを知る、日本最古の物語と伝えられる『竹取物語』。『源氏物語』にも「物語の出で来はじめの祖(おや)なる竹取の翁」と記されている。成立年・作者ともに不詳。原本は存在せず、現在まで伝わっているのは後の世に書かれた物とされている。光り輝く竹の中から現れて竹取の翁夫婦に育てられたかぐや姫の物語は、後世の物語などに引用されることも多い。なんといっても竹取物語のおもしろさの中心は、五人の貴公子による求婚譚である。 五人の求婚者は上流貴族社会を構成している人々である。しかも世間からは「色好み」と言われているその五人が、失態を曝して敗れ去ってゆく様子が克明に描かれるが、或る意味で読者はそれに溜飲をさげつつ読んだのであろう。また、五人にはそれぞれ実在の人物のモデルがあるともいわれる。その筆致は写実的で、ユーモアにも富んでいる。さまざまな口承説話や児童向けの読み物として伝えられている。いまでもアニメ・映画などジャンルを問わず取り上げられ続けるヒロインかぐやひめを、『ベルサイユのばら』で知られる漫画家の池田理代子が華麗に描写し、読み応えのある現代『絵巻』になっている。

小学館文庫シリーズ